メルリナ・ゲオルギエヴァのインタビュー

shevica

(インタビューはマギーによって行われました)

meri photo

M.:こんにちは、みんなに自己紹介をお願いします。


M.G. 子供達やポロではない人に教えているメルリナ・タシコヴァーゲオルギエヴァと言います。

M.:いつ、どのようにブルガリアの民俗舞踊に興味が生まれたのですか?


M.G.: 小学校の3年生の時から民族踊りを始めました。3年間それを続いて、そしてモダンダンスを長〜くやってました。その後、劇場映画芸術アカデミー (NATFA),に入学し、ブルガリ民族舞踊を含め、様々な踊りやダンス技術を勉強していますた。そこでイヴァイロに出会って、もっともっと民族舞踊に興味を持ちました。

M.: ブルガリアの民俗舞踊には何が好きですか?


M.G.: ブルガリアの民族舞踊を踊るとそのの熱い感情が大好きです。言葉で説明するのは難しいんですが、体験してみると分かります。踊りは体で踊りますので言葉が不必要です。

M.: どのように教え始めたのですか?


M.G.: 子供が大好きで、昔から子供と仕事をしたかったのです。6年前、一つの幼稚園で仕事を始めましたが、今は数カ所で働いています。子供に踊りを教えて、子供が目の前で成長することを見るのが大好きです。

M.: 指導に関しての面白いエピソードがありますか?


M.G.: ある子はとても小さくて、まったく音楽のリズムなど分からなくて、ほとんど踊れなかったのですが、時間とともに、少しづつ踊りも覚えたし、発表会の時非常に上手なパフォーマンスができました。多分永遠にこの子のことを忘れません。

M.: 一番好きなダンスはありますか?どうしてですか?


M.G.: 大好きな踊りがあります。それは「ラザルキ」と言いいます。自分で踊ったことはありませんが、その音楽を聴くたびに、鳥肌が立つほど感動しています。

M.: ブルガリアの踊りを始めたい人に何かアドバイスをお願いします。


M.G.: 人間にはスポーツや何かの美術をやることは非常に大事だと思います。ダンスはその二つを含めています。踊りはフィトネスにもなれるし、とても楽しいし、そして、普通のスポーツにはない素質を育てています。私たちのブルガリア人の血の中にその踊りが存在しています。

М.: どうもありがとうございました。